AWS EC2でのStopとTerminateの違い

先日からAWS EC2を使っているのですが、簡単にサーバを立ち上げられる分、失うのも簡単です。

AWSマネージメントコントローラにある似たような2つのメニュー。

  • Stop・・・・・・サーバの一時停止。物理サーバで言うところのshutdown
  • Terminate・・・インスタンスの永久破棄。物理サーバで言うと筐体廃棄

最初、この違いが分からず、Terminateしてみたら…
2度とインスタンスを立ち上げることが出来なくなり、しばらくするとリストからも消えました。今までやった作業を失ってしまい、しばし沈黙…。

Terminate、とても危険です。

広告
カテゴリー: IT | タグ: